FC2ブログ

Entries

今まで使っていたプレハブの仕事場の移設が終わる。解体して組み立てて三日。あっと言う間。隣の建物と密着しているのは外装を一体にするから。双六なら振り出しに戻る、と言ったところ。屋根を貼って破風をつけて窓を加工して壁を貼る。壁板に塗装をして雨どいをつける。そして内装にかかる。このプレハブがギャラリーになるまでにはどのくらいの時間がかかるのだろう。でも何故か楽しい気分になってくる。この気持ちは何だろう。...

 二階に上がる階段がないまま、躯体に溶接した鉄骨に板をのせてみる。一番最初に乗ってみるが、不安はない。が、安全第一。下から柱を入れる。支える柱は杉の丸太。裏の土手から切り出した丸太の皮むきをして背割を入れる。明日は階段の見積もりを出さないと。...

古い仕事場の解体前日

今までの仕事場の掃除をする。12年間の埃の山は機械を運び出した瞬間に突然現れた。何かのバランスが壊れ生産の場が廃屋に変わる。 たまに引っ越しはしたほうがいいね。ため込んだものを整理できる。明日古い仕事場は解体され新社屋の隣に移設される。内外をきれいに作り直してギャラリーになる。...

仲町グレインノートにいく

 グレインノートに糸巻き納品。箸やスプーンなんかの小物を置いてもらっている。 松本に出かけた時は顔を出す。オーナーの指田夫妻にはお世話になってます。...

山形からラ・フランス

 山形県の友人からラ・フランスが届く。山形県の内陸は長野県の松本平によく似ている。 空気感と言うか風景だったり人だったり。ラ・フランスが届くといよいよ冬が始まる。山形はこの二日雪降りだそうだし、朝日村にも初雪が降った。  いただきま~す。 ...

階段はどうする?

 二階に上がるのには階段が必要。外階段なので見た目も問題だけど私に作れるのかどうかがすべて。まったくのノープランの私を心配して常に手伝ってくれる弟が階段の基本設計を図面にしてくれた。丸太の階段から鉄製の階段に素材の変更したけど鉄ならまた溶接が楽しみ。 階段を考えながら気づいたのだがノープランでも自分の好みになっていくのだなと思う。  ガウディーの本質もそんなに違わない。(ガウディー大好きです)...

冬が来る前に薪ストーブ

 仕事場に薪ストーブを入れる。 木を扱う職業の人は薪ストーブがないとやりきれない。毎日木のくずや木端が出るので夏でもストーブで燃やす。温暖化の問題を考えると夏にストーブに火を入れるのは気がひけるけれど冬なら気兼ねなく燃やせる。と言うか燃やさないと寒くて仕事にならない。 このストーブに火を入れるときは、お神酒と魚を供えて火事にならないように火の神様?に振舞う。その後はお神酒と肴で飲む。    ストー...

雨の中、行いの悪いのは誰。

 10日土曜日朝から雨。時折激しく降る中、O、T、T、Y氏の4名が機械の搬出の手伝いに来てくれる。機械の移設はとにかく力仕事、コロやバールの使い方のコツはあるけれど最後は力が物を言う。男5人集まると仕事は速い。 午後2時には全ての機械を運び終え設置を完了することが出来ました。皆、ありがとう。後はこまごました引越しが残っているけれど、何とか年内の終了を目指す。...

差しかけの解体。

 木工機械の引越しがしやすいように入り口の差し掛けを解体する。 のんきの旦那に作ってもらった差しかけです。高いところはやはり腰が引ける。下から脚立を使って仕事を進める。半分解体して残りはしばらく荷物置き場。 12年使ったプレハブの建物はすでにあちこち雨漏りがするのだが、まだまだ使う。今作っている新社屋の横にくっつけて移築する。屋根と壁を同じように板で仕上げればそれなりになるはず。 それが終わるのは...

電気を引いたら10日間で

 電気は来た。 動力と電灯の二本立て。動力だけでは中電は許さない。動力を入れるなら電灯も入れなきゃ出目よと言うのだ。つまり動力用の200ボルトの基本料金と家庭用電灯100ボルトの基本料金の両方をどうしてもよこせと言う。その上電気を引いた日から10日以内に工事完了の書類を出さなくてはいけないらしい。電気工事をお願いした電気屋さんが、目を三角にして仕事場に来て言うのだ。「早く引越しを終えてくれ。」「う...

段取りが向こうからどんどんやって来る

一階仕事場の入り口。 木で作りたかったけど、もらい物のアルミサッシ。知り合いが家を建て直した時の昔の玄関ドア。 窓も全てもらい物のアルミサッシ。 室内の照明ももらい物、厨房用の耐水用のステンレス製を11灯。12灯じゃないところがもらい物。  で明日には電気が来る。配電盤は着いた。 機械と材木の移転が最大の難関だ。皆忙しいだろうけど10日11日は引越しをしようと思っているけど、段取りがつくかなければ...

忙しいほんとに忙しいけど糸は引く

 10分でも糸は引きたい。新社屋を作り家具の仕事をして時間が取れないことが多いけれどスピンドルは回していたい。 最近作ったスピンドルは軸が2g錘が8g6g4g。この総量8gで綿を引く。14g作るより細い糸が難なく出来る。結局軽いスピンドルが細い糸を作ることが出来ると言う当たり前のことを実感している。  この半年「綿の会」の運営が忙しくて出来なかったので会長職を変わってもらった。私はこれから一会員と...

Appendix

プロフィール

谷口 泉

Author:谷口 泉
家具を作る傍ら、綿と糸の魅力に引き込まれています。
家具のホームページは
http://www.kkan.net/izumi/

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索