FC2ブログ

Entries

歴史の里オープニングイベント

 4月28日、松本歴史の里オープニングイベントに綿の会で参加。会場内には5つの歴史的建造物が移築されている。木下尚江生家、旧長野地方裁判所、松本少年刑務所、座繰製糸工場、工女宿宝来屋。綿の会はその中の一つ、木下尚江生家で実演とスピンドルの講習をする。綿繰りをして綿打ちをし篠を作ってスピンドルで紡ぐ。参加者は多くないけれど楽しそうにしている。古い日本家屋の縁側で糸車を回して糸を紡いでいると建物に暮ら...

仕事場予定地の整理

 先日切った杉と檜を片付ける。トラックで引き出して、4mの長さに切る。ユニックで吊り上げて積み込む。4t積みのトラックの板バネがすぐに底をつく。ぎりぎりまで積んで、二台分材木の市場に出す。欲しい人がいれば値段がつく。売り物にならにところは薪にする。 ...

くれよんどーる

 松本のくれよんどーるが新店舗でオープンした。コットンを中心とした女性用の衣料品店。ご夫婦で作って販売もしている。 新しい店の場所は松本芸術館の道をはさんで左はす向い。くれよんどーるの日よけが目印のしゃれた店構えです。  ここの奥さんから名前のイズミは弱すぎると言う理由で「泉」をセンと呼ぶことにしましょうと言われて10年近く過ぎた。今ではセンさんと呼ばれても違和感はない。 今回のオープンにスツール...

春の野原で野菜を探す

 待ち焦がれていたから、春は時間の流れが遅い。雪が雨に変わり、桜が咲き、草木の緑が毎日違う。 食べられる草が芽を出す。野甘草、おひたしが美味い。 癖のない甘味を持った食感はこのまま市場に出したい。   にりん草。花芽が一箇所から二本出ることから、二輪草なんじゃないかと思うのですが。 花は味噌汁にパラパラと。よく似た野草で食中毒をおこすものがあるそうですから、花が咲くまで待った方が良さそう。 おなじ...

村長、村議、選

 村長と村議会議員の選挙がある。告示から狭い村内を車を連ねて遊説して回る。 「最後の、最後のお願いに参りました。私を勝たせてください。私を皆様のために働かせてください。あと少しです。頑張っております。」 声も枯れて必死さを訴えている。たとえ演技だとしても人目もはばからぬ必死の演技だ。ところで、私は何かを必死に懇願したことがあるだろうか。どうしてもこれだけは譲れない、と思ったことはあるだろうか。答え...

人工乾燥

 人工乾燥に入れていたサクラ材を取りに行く。松本ではここだけ。 この扉の向こうに材木が詰まれて約2週間、乾燥される。私の場合材木は丸太を買って製材している。それを桟積みして2~3年天然乾燥をする。この間に材木の中に残る水分は15%まで下がるが、それ以下にはならないらしい。 ところが今の家は高気密で室内は10%以下まで乾燥する。つまり家具を納めた後、木が乾いて家具に歪みが出たりする。それを避ける一つ...

松本歴史の里リニューアルオープン

 松本歴史の里は歴史的建造物を移築した博物館です。4月28日のリニューアルオープンに松本綿の会で糸紡ぎ体験教室を開きます。スピンドルで糸紡ぎをやってみたい人はお出かけください。 建物は木造の裁判所、製糸工場、少年刑務所独房、工女宿、などです。歴史的な建物の中をゆっくり見学した後は、 フェルト、染色、裂き織り、などの体験も出来ます。 今後綿の会ではこの場所を借りて、綿を植え毎月の体験教室を開いてゆき...

仕事場予定地の急傾斜地問題

 役場の職員の方が予定地を見て、急斜面のところは法律がいろいろあるから調べたほうが良いと言うので、早速調べる。なんと土砂災害防止法に引っかかっていそうだと言われ、合同庁舎に出向く。まずは2階と4階のたらい回しで役所の洗礼を受け、こっちから問題提起する形で土砂災害防止法に行き着く。その結果土地の奥10mくらいは土砂崩れに対応した強度の要壁などを作らなくてはいけないことが分かった。あ~めんどくさい。で...

作業場予定地の土手の木を切る

 全部お願いしてしまえば、何でもないのだろうけど。仕事場予定地の杉と檜を14本ほど切る。私も自分の木だからと言うことで1本倒したが残りは友人に頼んで、もっぱらチェーンソーを振り回して枝をはらっていた。一日ががりで切り終わったが、搬出が一苦労。来週には太いところを市場に出して、細かいところを薪にする。また一歩仕事場に近づいた・・・間違いなく。次は整地なのだがまだ業者が決まっていない。...

樫の木を製材する

 製材に行く。買ったのは直径50cm長さ4mの樫の木。4mだと長すぎて仕事がしにくいので半分に切っているところ。樫の木で作るのは、鉋の台。それが本業ではないけれど、家具を作る時市販されていない特殊な道具は自分で作る。しかしこの丸太の量だと死ぬまでに使い切れない。 製材機で板に引いたところ。 板の中央に黒い線が入っている。 木口から見ると黒い筋が牡丹の花びらのように見えるから、 樫の牡丹とか言うらし...

銚子 犬吠埼

 犬吠埼灯台。 納品で銚子まで出かけた。ついでに案内されて観光をする。 灯台の上まで99段の螺旋階段で登ることも出来る。 義経が頼朝に追われて逃げる時に若丸という愛犬をこの地に残していったら、犬は悲しみで七日七晩吠え続けついに石になってしまったことが犬吠埼の由来らしい。詳しい事情は知らないけど、義経はなんてひどいヤツなんだ。    納めた先は灯台から少し離れた地球が丸く見える丘のすぐ近く。  この...

Appendix

プロフィール

谷口 泉

Author:谷口 泉
家具を作る傍ら、綿と糸の魅力に引き込まれています。
家具のホームページは
http://www.kkan.net/izumi/

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索