FC2ブログ

Entries

梳毛で紡ぐ

 クラフトフェアーの準備をしながらも、スピンドルは回していました。しかし10日間で引いた糸は8gでした。スピンドル全体の重さは17gです。軸の重さが5g錘が4g糸が8gです。 糸の太さにもよりますが、この緑綿は14gから18gの間だと引きやすい気がします。  綿を紡ぐとき綿打ちをした後、そのまま篠に巻いて行くといわゆる紡毛になります。これで十分ですが、細い糸を紡ぐとき私は梳毛で紡ぎます。アメリカ綿...

今年のクラフトフェアーのこと

 今年のクラフトフェアーも無事終わり、今日一日片付けに追われていたけれど、忘れないうちに少し書いておきます。 搬入の朝、6時5分に芝生の広場側の細い道に着いた時には車をとめるスペースはほとんどありませんでした。だけど搬入方法が徹底したのか、次々と荷物を降ろした車が移動して30分後には半分くらいになっていて、この方法はうまく行ったようです。 駐車場関係でもう一つ。蚕糸公園の一般用駐車場の閉鎖時間が、...

クラフトフェアー2日目

  二日目も朝から怪しい天気。まあ、昨日一日もっただけでも儲けもの、今日はあきらめようと思っていたら、薄日が差して10時頃にはまさに五月晴れ。 朝8時過ぎに10分間ほど土砂降りになったのは、雨が付き物のクラフトフェアーへの歓迎の雨だったのかも知れません。 自分の作った家具と木の小物と木の道具を出展しながら、日本中から集まって来る物作りをする人々に会える場所です。 インターネットのページや本で知って...

クラフトフェアー初日

  ずっと雨だと言われていたのに奇跡的に曇り空のまま初日を終えました。緑の芝生、強すぎない日差し、心地よい音楽、そしてビールと日本酒、やっぱりクラフトフェアーはいいね。 手伝いに来てくれた田中、上条、山田、ありがとう。明日もよろしく。 いろいろ買ってくれたお客さんありがとう。 わざわざ見に来てくれた皆さんありがとう。 そしてこれにかかわる全ての人にありがとう。...

クラフトフェアー目前

 今週末はクラフトフェアーまつもとです。みんな準備に忙しいだろうな。私もいろいろ作ってますよ。 写真はスピンドルの錘です。こまごましたものをいっぱい作るとなんだか嬉しくなってしまいます。10や20では物足りない、100、200と作ると満足感があります。やっぱり小物作りに向いてるのかな。  金曜日は事前準備で県の森に9時集合です。駐車場の線引きをやります。今年は抜かり無く蚕糸公園のグランドを借りられ...

選考以降

 クラフトフェアーの選考は確かに必要なことだったと思います。そこには「数」の問題だけでなく「方向性」の問題も含まれていたはずです。 フェアーはプロ、アマを問うことなく自由参加ですから、回を重ねるうちに習い事や趣味の発表の場に使う方、フリーマーケットのつもりで参加される方、一人の参加料で複数人参加するなど、出展者が増えると共に考え方のずれがはっきり現れるようになってゆきました。 対応策が何年にもわた...

発芽

5月20日、ビニールトンネルの中の巌根と緑綿の芽が出ました。21日には露地植えの巌根も芽を出しました。ちゃんと10日で発芽するのも、たいしたものです。...

クラフトピクニック

 クラフトピクニックはこの秋で5回目を迎えます。クラフトフェアーと同じ松本県の森、主催も同じNPO法人松本クラフト推進協会。ピクニックの実行委員長をしています、谷口です。本題に入る前にクラフトフェアーについて少し話します。 22年前、イギリスから「クラフトフェアー」という言葉を持ち帰ったのは家具の修行に行っていた理事の一人蒔田卓坪さん、それを形にしたのがクラフト推進協会の事務をしている蒔田加代さん...

発芽促進

4日間水に浸した種です。綿のとがった側が割れ白いものが見えます。「芽」が出ているのですが、正体は「根」です。拡大して見てください。まず根が地中に伸びて双葉を地上に押し上げます。殻を爪で割ると根を包み込むように双葉があるのが分かります。...

アミガサタケ

アミガサタケ。ちょっとグロテスクですが、毒はないようです。今年は当たり年だとアミガサタケブログに書いてありました。食べましょう。茹でてスープにしましたが味も香りもあまりありません。油でいためると、歯ごたえもしっかりして味も旨み成分が感じられます。今が旬です。家の周りや川の土手など生活圏に近いところで見つけられます。...

綿畑全景

ビニールマルチが光っている場所が綿畑。落葉松の新緑が日本画のような緑色を見せています。畑、奥の白いビニールは遅霜対策です。6月初め頃綿の双葉から本葉に変わる頃に、この辺では霜が降りることがあるので数の少ないものだけでも保護しています。畑の広さは6アール強、約200坪ぐらいです。...

緑綿10g

5月5日から始めた緑綿の糸紡は10日たって10gを引きました。一日2g一時間のペースのつもりがその半分の速度です。まあ、こんなものか。仕事の合い間や寝る前に引いているけど、1g30分以上かかっているのかも知れない。...

種まき

綿の種を蒔きました。前日から種を12時間以上水に浸し発芽を促します。巌根1000株、磯部750株、茨城地綿100株、会津在来100株、陵陽一号100株、茶綿(種不明)200株、緑綿(種不明)20株、緑綿は後日2種類まく予定です。発芽は10日後ぐらいでしょう。「綿の会」10人で蒔きました。この会は「着る」を考えて2年目になります。...

綿の畑

綿の畑に畝をたててビニールマルチをかけます。朝日村は少し寒いのです。肥料は糠のぼかし、鶏糞、かきがら石灰、それと木酢液。畝間は70cmくらいです。種まきは11日です。...

駅長さん

別所温泉に木の小物を売りに行ってきました。家具の端材が捨てられず小物を作って露天の出店のようなこともします。ホームの端の方で4店、駐車場に4店のこじんまりした催しものでした。40分おきぐらいに到着する2両編成の電車を大正ロマンを漂わせた美人の駅長さんが出迎えそして見送ります。大型連休でさえ利用客は一本20人程度の赤字ローカル線。塩田平の下駄電は上田と別所温泉の間を今日も走っています。...

緑綿

茶綿100gを引き終えて今度は緑綿300gです。茶綿も緑綿も自然にある綿の色です。去年の東京スピニングパーティーで西銘通商さんから買いました。緑綿は退色しやすく古い品物で緑色を保っているものは少ないらしいです。繊維は長く手触りも柔らかくアメリカ綿です。種は少し手に入れましが平均気温が低いのでうまくいくか分かりません。...

茶綿と小枠

スピンドルの糸が10gぐらい引けたら小枠に巻き取ります。精錬をどのようにするのか、まだよく分からないのでこのままにしておきます。糸を引いていると、突然調子よく引ける時があります。しばらくすると雨になったりします。やはり湿度が高い方が引きやすいのかと思います。ご存じの方コメントください。...

Appendix

プロフィール

谷口 泉

Author:谷口 泉
家具を作る傍ら、綿と糸の魅力に引き込まれています。
家具のホームページは
http://www.kkan.net/izumi/

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索